ビビリノトウシ

投資初心者のビビリな30代主婦がインデックス投資信託に挑戦

クレジット主義の我が家の家計管理方法

払えるものはすべてクレジットで払うようにしています。

 

我が家では完全クレジット主義です。

電車代、食料品、水道光熱費、保険・・・と暮らしに必要なほとんどの支払をクレジットで払っています。

現金を使うのはクレジットが使えないところ、現金じゃないとポイントがつかないといわれたドラッグストアなど限られています。

 

使ったお金の管理はその日のうちに家計簿アプリへ手入力して終了です

引落日は把握していますが、いくら引かれるかは分かっていません。

そんなざっくりな管理です。

家計簿アプリの活用

買い物をした日と引落日のタイムラグが1~2ヶ月あることや、使いすぎてしまうことがクレジットのデメリットなのかなと思います。

その点は使ったその日にアプリ(Zaim)へ登録することでお金を使ったぞという意識はきちんとできている為、デメリットをカバーできています。

 

アプリの機能でクレジットカードを連携させると自動的に反映されるという便利な機能があるようですが使っていません。

これなら手入力しなくてもいいし情報も正確に管理できて楽チンそうですが、お金を使ったという意識が薄れてしまいそうなのでちょっと違うかなと感じたからです。

アプリの手軽さを利用しつつ、レシートを見て手入力するというアナログでの手間を入れることが節約を意識するコツになっています。

最後に

クレジットを使った日に家計簿へ入力する。

現金と同じ感覚でお金をで使えるし、ポイントもゲットできるしでクレジット主義の我が家に合っている管理法です。

引落日にいくら引かれるかの管理は放棄していますが、結局その月でいくら使ったのかが分かれば満足なのでまあいいかと感じています。

こんなざっくりな方法ですがストレスなく家計管理できています。

 

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

インデックス関連ランキングへ


コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)